デスクワーク 肩こり

肩こりから来る頭痛や吐き気で生活に支障

 

1日中デスクワークでパソコンとか睨めっこしてるので、目・肩・腰にかけて全体が慢性的に不調です。

 

また、元々が姿勢が良く無いので、肩こりに拍車をかけており姿勢が良くなる様に意識しても、集中して仕事をする時などは完全に猫背になってしまいます。

 

 

 

パソコンを使って行う仕事のため、勿論肩こりも酷いですが、眼精疲労も伴い、肩こりとの負の相乗効果なのか、頭痛や吐き気を覚える事もしばしばです。

 

勤務中は頭痛薬を常備して、辛さがピークに達する前に薬で抑えないと、薬でもなかなか落ち着いてくれません。

 

子育て中という状況ですので、肩こりが酷くても、頭が痛くても休む事は出来ません。

 

子供達をおんぶや抱っこするのは本来なら幸せな筈ですが、自分の症状が憂うつで辛い時間に変えてしまいます。

 

肩こりから来る症状の為に、仕事中に何度か薬を飲んだり、子供達を喜んで抱っこしてあげられないのは、

 

私にとって本当に悲しい悩みです。

 

1ヶ月に1回程度のマッサージをしても、根本の解決にはなってません。

 

 

肩こりがあまりにも酷くストレスがたまってしまうことで、つい暴飲暴食をしてしまい太ってしまう方もおられます。
どんなダイエットをしても無駄というような考え方の場合、さらにストレスがたまり、身体を制御できなくなってしまいます。
ミネラル酵素グリーンスムージーの成功しやすいダイエットのやり方を見て、無理なくダイエットを行ってみるのもおすすめです。
妊娠中、つわりがおさまると同時に暴飲暴食をしてしまう方も多いと思います。
妊娠といえば、葉酸サプリを飲むことが大切になりますが、葉酸サプリにはたくさんの種類がありますよね。
ネイチャーメイド葉酸サプリの安全性は?→http://www.witsift.net/entry2.html

 

ストレッチとマッサージとお風呂

 

マッサージは月に一度の楽しみになってます。

 

行くと毎回、1時間コースでほぐしても足りないと言われてしまいます。

 

頻繁にマッサージに行く事は出来ないので、

 

自宅で出来る、ポールを使ったエクササイズをやっています。

 

 

 

ポールの上に仰向けに寝て、首をポールから降ろすと首から肩にかけて筋が伸びて本当に心地よいです。

 

また、ポールの上に寝て左右に身体を動かすと、

 

身体のバランスが取れて、姿勢の悪さにも効くらしい。

 

ポールを使ったストレッチは、体幹を鍛えることもできたうえに、床で普通に行うストレッチよりも良く筋を伸ばせている気がします。

 

寝る前にポールに乗って深呼吸すると、眠りの質が良くなるとの事で、肩こり解消に、嬉しいオマケ付きな感じです。

 

ポールストレッチ意外で、ほぼ毎日欠かさないのは湯船に浸かること。

 

しかも、20分間です。

 

ミネラルのはいった入浴剤を入れて、水分補給用の水を持って湯船に浸かります。

 

最初の10分位は難なく入っていられますが、

 

途中からだんだん辛くなっていきます。

 

汗が噴き出してくる頃に、子供達はあつくてギブアップしていまいます。

 

そんな時は、湯船で丁寧に歯磨きしたり、

 

お風呂に持って入って来た水を飲みながら20分間たっぷりと汗を流します。

 

湯船に浸かった日と、浸からない日とでは、肩こりの度合が明らかに違います。

 

沢山の汗と一緒に、肩に溜まった老廃物も排出されている感じがして爽快です。

こんな記事も読まれています